萎縮と向き合う

私が考える萎縮とは?を記します。

萎縮は?

筋肉の習性です。筋肉に負荷が掛かると萎縮という成長をします。

よく久々に走ったり。重いものを持ち上げたりすると早い人でその日から遅い人で二日後くらいから!大体平均すると次の日から猛烈な筋肉痛に襲われます。

この筋肉痛を分析すると伸ばしたりすると痛みを感じませんか?
例えば腕で考えると伸ばしているときに痛みを感じ曲げると痛みは和らぎます。

そうです。負荷が掛かり筋肉が萎縮してしまったために本来あった可動域が奪われ伸ばすことで痛みを感じるようになってしまったのです。

筋肉の起点と終点は関節になります。
負荷を掛けることで萎縮は起点と終点となる関節に集まるのです。
人は負荷を掛けない生活は出来ません。
身体には常に負荷が掛かっているのです。それは起きている時はもちろん。座っている時。寝ている時もです。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: 健康, 治療, 理論 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。