症状 睡眠障害

最近、睡眠に悩みを持たれて来院される患者さんが増えてきています。寝つきが悪い、すぐに目が覚めてしまう、眠りが浅い、まったく眠れない・・・私も以前はそれに近い症状を持っていました。薬を飲んでも眠れないのが一番つらいことでした。患者さんの身体に最善の注意を払わなければならない仕事だけに、睡眠はとても大事です。

精神的なものは分野外なので、ここでは身体の癖からくる睡眠に対して説明したいと思います。眠れない方の特徴として、まず挙げられるのは筋力不足。これは他の項でも書きましたが、筋力が強くても弱くても日常で身体にかかる負荷は同じです。筋力が弱くなると、身体にかかってくる負荷は大きくなっていきます。かかる負荷がある以上、真綿で締めつけられるように筋肉が委縮し、骨格を圧迫していきます。それによって筋肉が緊張しているときのように硬くなってしまうのです。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: ストレス, 健康, 治療, 理論, 肩こり タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。