症状 スポーツ障害

スポーツをしているときは、日常の生活以上に瞬発力と力が必要になります。ときによっては最大の力を発揮しなければならないこともあります。例えば、野球であれば投げられたボールを打つ瞬間、サッカーではボールを蹴る瞬間、ゴルフだとボールを打つ瞬間、相撲ならぶつかった瞬間など。その瞬間は、普段トレーニングをしているとき以上に力が出ます。そして、最大限の力が出たときの筋肉を体は覚えます。筋肉は形状記憶合金なのです。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: アスリート治療, コンサドーレ札幌 スポーツ選手 サッカー, 健康, 未分類, 武藤敬司 プロレス プロレスラー, 理論 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。