夏と冬のからだ

夏と冬の体は着る服が違うように骨格を覆っている筋肉も変わります。

筋肉は暖まると弛緩し冷えたりすると萎縮します。

北海道のように気温差が激しいとついていくのが大変です。

先日。私ごとですが出張でベトナムのホーチミンに行ってきました。
その日の札幌の気温が-1℃同じ日の夜11時にホーチミンに着くのですが夜であっても30℃近くあります。
翌日は昼で既に40℃近くまで暑くなっています。
汗が吹き出します。
体もびっくりです。
気持ちはついていけるのですが体がついていけません。

その翌日は札幌に向けてまた飛行機に乗ります。
月曜日に行って木曜日の朝には札幌に帰ってくるハードなスケジュールです。
帰ってきてからが大変でした。

調子が悪いのです。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: 健康, 告知, 治療 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。