体。心。技。

先般、元中日ドラゴンズ監督の落合さんの本を読んだ。

この本の中に「心。技。体。ではなく。大切なのは体。心。技。だ」と書いてあった。
私も全く同感である。
技というものは本来、体と心から産み出すものだ。
私も過去多くのトレーナーを育ててきたが。技から学んだものに治療ができるようになったものは一人もいなかった。
技から学んだものは行き詰まると技を教えた人のせいにしたり。また、患者さんの身体に変化がなくなると誤魔化したりするものがほとんどであった。
そのなかで治療師に必要な体と心から学ぼうとした者もいた。全て女性である。それも三人。そこにいま小川と浅井が加わろうとしている。
この者達に共通する特徴を言わせれば勘が良いのだ。痒いところにも手が届くという言葉がある。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: 理論 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。