ギックリ腰

先日テレビ局から取材のオファーを戴きました。

番組プロデューサーの方がわかばやし式筋肉整体の本を読んでくださり内容に興味を持ちオファーをしてくださったようです。

OAは来年の二月になるそうです。

どんな内容になるか。わたしも楽しみです。

先日、ギックリ腰をやってしまいました。
患者さんの首の矯正をしていた時、 患者さんが不意に力を入れたため私自身が対応できず。腰を痛めてしまいました。私が未熟なのです。

治療師なら肩凝りや腰痛にはならないと思われている方が多いようですが
私達でもなるのです。

こういった痛みを伴う症状には治療師の場合。たまに経験した方が良いと思います。
なぜなら患者さんの辛さ、気持ち、生活を送る上で何が大変か?辛いかが自分の体を通して経験できるからです。

結果、四日位で痛みを感じることもなく普段通りの生活を送ることができるようになったのですが。
その間、患者さんがいる以上休む訳にもいかず。

また患者さんの前で痛そうな顔や姿勢が出来ないため、それが大変でした。

腰痛で悩まわれている方も同じような経験をされているんだなと思うと不憫です。
家に帰って寝てても痛いし、トイレにいくのも大変です。
何より一番辛いのが朝、寝床から起き上がるときが辛いのです。
治療院でも地面に座ってしまうと立ち上がれなくなります。これも大変。

こんな痛みを慢性的にずっとお持ちの方々の気持ちを考えるともっと技術力を上げ多くの腰痛で悩まわれている方を改善したいと思ってしまいます。

このページは会員様限定ページです。既に会員の方は「既存ユーザのログイン」からログインすることで閲覧が可能です。 新規ユーザー登録は、このページ下部からご登録下さい。 利用規約:ご登録いただきました個人情報は、あくまでブログの記事不正利用を防止するためのもので、こちらから、メールや電話で勧誘することはございません、ご理解のうえご登録ください。 このページは会限定公開ページです。会員登録は無料です。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
* 利用規約 に同意する。
*必須項目
カテゴリー: お知らせ, 治療, 理論 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。